忍者ブログ

2017/09/24 (Sun)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2012/12/14 (Fri)
「シンク式 ”イーブイカップ” 構築」
Comments(0) | PT構築
どうもシンクです。

さて、先日行われたイーブイカップのパーティの紹介。
ブイズ8体限定のローテバトルという非常に特殊なルールの大会。

196.gif 136.gif 135.gif 470.gif 134.gif 197.gif
 


成績:185位 20勝6敗 最終レート1654
   あまり回数を潜れなかったのが残念。
 
196.gif エーフィ@きあいのタスキ
特性:マジックミラー 性格:おくびょう(S↑A↓) 
141(4)-*-80-182(252)-115-178(252)
サイコショック ひかりのかべ リフレクター トリックルーム
トリックルームを確実に貼るためのタスキ。ほぼ全試合でトリルを決めたと思う。
2壁は積極的に張っていくと言うよりは、相手に一方的に壁を張られないための保険的な使い方をした。
しかし今思えば耐久振り@粘土のほうが活躍できたかもしれない。

136.gif ブースター@どくどくだま
特性:こんじょう 性格:ゆうかん(A↑S↓) 
172(252)-200(252)-81(4)-*-130-76
からげんき ばかぢから でんこうせっか のろい
今回の大会での最功労者。無傷でのろいを積めればトリルからの抜き性能がピカ1。
ただし物理攻撃(リーフィアの恩返し、イーブイのとっておき、エーフィのサイコショック)およびシャワーズの攻撃を受けてしまうと毒で死んでしまうことも少なくなかった。
相手に守る持ちがいなければトリルからの4タテが決まる。

135.gif サンダース@オボンのみ
とくせい:ちくでん 性格:ひかえめ(C↑A↓) 
141(4)-*-80-178(252)-115-182(252)
10まんボルト シグナルビーム にほんばれ ひかりのかべ
パーティの潤滑油。
一貫性のあるシグナルビームを撃ちにいきつつスカーフトリックを受けに行くため主に序盤に多く回していた。
めざパ地面が非常に欲しかったが、光の壁を抜いてまで入れるかは正直迷うところ。めざ地面を孵化するのが面倒だったとかそういうのではない。
トリックルームが切れてからは日本晴れで後衛エースのリーフィアを覚醒させる。
実質的に、終盤のサンダースの行動=リーフィアの行動 になるため、サンダースは最速のほうがよかった。

470.gif リーフィア@いのちのたま
特性:ようりょくそ 性格:いじっぱり(A↑C↓) 
169(228)-178(252)-151(4)-*-86(4)-118(20)
リーフブレード シザークロス すてみタックル つるぎのまい
後衛エース。剣舞珠リーフブレードで無振りブースター確定1発だったりする。
すてみタックルは電光石火でもよかったと思う。終盤サンダースに縛られることが多かった。
すばやさは同族意識。4振りやそのメタの12振りを意識した個人的に1番期待度が高いと思っている20振り。
自分より速いサンダースやエーフィがシグナルビームをもっているのでブースターと並べられないと正直キツかった。

134.gif シャワーズ@たべのこし
特性:ちょすい 性格:ずぶとい(B↑A↓) 
237(252)-*-123(252)-130-116(4)-85
ねっとう ねがいごと どくどく まもる
出してない。今回のルールで1番出てきやすそうなサンダースに弱いのでメインで使おうとは思えなかった。
イーブイを代わりに入れてもよかったと思う。

197.gif ブラッキー@カゴのみ
特性:シンクロ 性格:しんちょう(D↑C↓)
202(252)-85-130-*-198(236)-88(20)
しっぺがえし おんがえし のろい ねむる
コイツも出してない。しかしコイツがいないと選出画面で相手にナメられる。
ちなみにブラッキーの懐き度をMAXにしたところでこのパーティが完成した。


さていかがだっただろうか。
いわゆる鈍いからのトリルブースター+晴れリーフィアというパーティをつかった。
大会の感想としては、いわゆるローテらしさがあまりなかったように思える。
というのもブイズは単タイプなのもあり総じて耐久が低いので、エース圏内に入れるという1作業が省略できるからである。
そういう意味でも鈍いトリパはほぼ一方的に相手を縛れたので強かった。おそらくブースターがトラウマになった人も多いのではないか。







ところがどっこい・・・ ブースターはもう活躍しません・・・! これが現実です・・・!


PR



コメントを投稿する






<< シンク式 ”霰ビクティニ” 構築  |  ホーム  |  相互リンク追加 >>