忍者ブログ

2017/06/28 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2012/09/14 (Fri)
「ガチ晴れPT 2012 後編」
Comments(0) | PT構築
どうも、シンクです。
BW2の発売という大節目から早3ヶ月が経とうというこの頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
 
さて、非常にお待たせしました(待ってたよね?)、ガチ晴れパ・後編です!
※前編「ガチ晴れPT 2012 5月版」http://majitohoku.ria10.com/Entry/24/
 
 
【お詫び】
前半の記事にはヒヒダルマと書かれていましたが、実はゴウカザルを採用しています。
今回もゴウカザルについて纏めるので、ヒヒダルマを期待していた方は申し訳ありません。・ω<
 
 
解説
{以下ステータスは 実数値(努力値) と表記}

392.gifゴウカザル@拘りスカーフ
特性:猛火 性格:意地っ張り(A↑C↓)
153(12)-171(252)-92(4)-*-92(4)-158(236)
技:フレアドライブ インファイト ストーンエッジ とんぼ返り
 
スカーフゴウカザル。エースその2。
炎格闘の優秀な技範囲はもちろん、見せ合いで受けループを牽制できる(よく出てくるけど)。
なお技や調整のより詳細な説明は、「なにより意表がつける スカーフゴウカザル」(http://majitohoku.ria10.com/Entry/16/)を参照してほしい。
 
●ヒヒダルマとの相違点
では早速だが、ヒヒダルマとゴウカザルを比較してみる。
 
ヒヒダルマの利点:・フレアドライブの火力の高さ(特性:力づくによる)
         ・サブウウェポンの火力の高さ(ステータスつまりA種族値の差)
         ・いわなだれの命中率(いわなだれ90>ストーンエッジ80)
 
ゴウカザルの利点:・一致格闘技の威力、およびインファイトが優秀(馬鹿力はスカーフで連打しにくい)
         ・型の読まれにくさ
         ・すばやさの調整範囲が広い
         ・格闘タイプによる耐性(特に悪半減・岩等倍)
         ・技の追加効果がある(フレアドライブ:やけど、ストーンエッジ:高急所率、など)
 
こんなところだろうか。なお、それぞれの利点はお互いの欠点ともいえる。
 
僕がゴウカザルを選んだ理由は、特に格闘タイプの耐性を重視したからである。
PT全体として、バンギラスの処理はコイツに任せることが多いので悪半減・岩等倍はありがたい。
特にキュウコンや後述するラティアスでバンギラスに”やけど”を負わせることができれば、後だしからバンギを狩ることが安定の択になる。
 
対雨・砂PTの先発に出すことが多い。初手のとんぼ返りが ・襷潰し ・インファ圏内に入れる ・相手の交代見てからの後だし などなかなかニクい仕事をする。
また使ってみるとよくわかることだが、『スカーフのせいで動きにくいなー』と感じることが実はほとんどない!実はゴウカザルって拘りと相性いいんじゃないかな!
うっかりカイリューと対面したときなんかは、ストーンエッジ(猿)→りゅうのまい(竜)→ストーンエッジ(猿、先手!)で突破しちゃうこともある(あまり狙うものじゃないけどね!)。
メブキジカと並んで、この晴れパのエースアタッカーとして活躍している(というか実際メブキジカより選出率は高い)。
晴れ猛火フレアドライブで敵を焼き倒そう!
 
 
 
 
380.gifラティアス@火炎玉
特性:ふゆう 性格:臆病(S↑A↓)
175(156)-*-122(92)-131(4)-151(4)-178(252)
技:竜の波導 サイコシフト 瞑想 自己再生
 
自傷系アイドル・燃え燃えラティアス。
やはりドラゴンの耐性は優秀で、晴れパに一貫しやすい炎技を牽制してくれる。多分。
いわゆる瞑想再生型なのだが、火炎玉を持たせることによって主に2つの利点がうまれる。
 
●状態異常耐性がつき、催眠ループを抜け出せる
●サイコシフトによりやけどを相手に負わせることができる
 
サイコシフトとは、自分と相手の状態異常を入れ替える技である。
仮に交代時に電磁波や毒毒をくらってしまっても、サイコシフトでそれを相手に渡してしまえば問題ない。
また、トリックでも似たようなことができる。サイコシフトとトリックとの相違点としては
 
トリック:相手の食べ残しなどの有益なアイテムを奪える。つまり物理アタッカー以外にも撃てて汎用性が高い
サイコシフト:わざを使った瞬間から相手をやけど状態にすることができる(火炎玉のやけど判定はターン終了時のため)。
       なのでラティアスの早いすばやさと相性が良い。
 
とどちらも利点があるので考察してみると面白い。このパーティでは即効性のあるサイコシフトを選んだ。
 
竜の波導は流星群でもよい。というか流星群じゃないとラティオスを落とせなかったりする。
PPが足りなくなる場面が多かったので竜の波導にしているが、どうも火力不足感が否めない。
瞑想するからいいんじゃないの?と思うでしょ?瞑想前提にするとどうも選出しずらくなる・・・。
 
 
ちなみに耐久は瞑想2回で眼鏡ラティオスの流星群耐え。いわゆるハバンラティの振り方。
火炎玉持ちなので例によってHPは16n-1。
最速にして、残りは防御に振っている。
 
 
ラティオスとの対面で、相手が居座ってくるのは体感で半々。
相手が警戒するのは流星群もってるラティアス、もしくはハバン持ちラティアス。
このラティアスだと同速に勝ってもこちらの竜の波導じゃラティオスを落とせないので、淑やかに逃げましょう。
ほぼ間違いなく交代してくる、もしくは流星群を撃ったラティオスを起点にできるポケモン(ウルガモスなど)がいれば、ドヤ顔で瞑想をするのもアリ。
バンギラスがきてしまった場合も、先制サイコシフトでバンギラスをやけどにしてしまえば、対バンギラス用につれてきたこちらの格闘を安定して繰り出せる。
バンギラスが火力に振っていなければ、自己再生連打で8ターン粘れば落とせたりもする。
 
 
やけどダメージ(+砂ダメージ)を常に考えて、早め早めの自己再生を!
 
 
 
638.gifコバルオン@命の珠
特性:せいぎのこころ 性格:無邪気(S↑D↓)
167(4)-110(0)-149(0)-142(252)-82(0)-176(252)
インファイト ボルトチェンジ めざめるパワー(氷) 身代わり
 
 
二枚目の格闘。二枚目イケメン。
バンギが来たらインファ、バンギが来なかったらボルチェンをするイケメン。
しかしこいつの物理耐久はすばらしく、無振りでもガブリアスの地震を耐える。
せっかく耐えるのでガブリアスを意識してのめざ氷(&命の珠)。
この物理耐久を活かし、主にバンギラスに投下される。
 
いわゆる電磁波砂パのバンギは襷の可能性が高いので、電磁砂っぽいなと思ったらバンギに対して身代わり。
ハッサムなんかにも身代わり。馬鹿力以外では割れないし、馬鹿力を撃たせれば相手の耐久も下がる。
また身代わりがのこっていれば、インファイトの耐久低下デメリットも気にならない。
ただし身代わりすぎ注意。身代わり消費&珠ダメージで落ちることがまれによくある。
 
メインウエポンはボルトチェンジ。奇しくもヤドランを高乱数2という火力のイケメン。
しかしバンギラス、エアームド、ヤドランやグライオンなどといった並びに有利に立ち回れるのはうれしい。
そのかわり特殊耐久が・・・^^;なんで、間違ってもラティオスを受けにいったりしないように!
 
 
 
 
 
 
いかがだっただろうか。これで後半戦終了、一応パーティ紹介も完了ということになる。
晴れパだが、砂にも雨にも互角以上で戦えるようにしたつもりである。
 
・・・だがヒードランだけは絶対に許さない。相手のパーティにヒードランがいた場合、最高警戒度で戦いに臨もう。
 
 
なお、TOD型のレパルダスを打開する方法がないので、ある意味欠陥構築なのかもしれない。
TODがわからない人は→ http://www.google.co.jp/
 
 
また後編が非常に遅れてしまったことは非常に申し訳ない。土下寝どころか土下スケキヨものである。
言い訳させてもらうと、上記のレパルダスのせいでこのパーティの記事を書くかどうか迷っていたところもある(それじゃなくても1ヶ月は放置されてたが←)。
 
おわり
PR



コメントを投稿する






<< シンク式 ”999晴れ” 構築  |  ホーム  |  相互リンク追加 >>